ピアニストも体力が必要!?

めっきりと寒くなってきましたね。
関東地方も「枯葉」の季節がやってきました。

 

スタジオの近くにある立派な「オオシマザクラ」が紅葉し終えて、毎朝これでもか~っと 落ち葉を舞散らかしています。スタジオ前の大量の落ち葉を毎日、掃いて 一汗かいていることは言うまでもありません。。良い運動になってます(笑)

さて、私は楽譜の入る大きなバッグ以外は重たいもの持ったことはない??
それほど力持ちではありません。

もちろん、ピアノは力で弾くものではありませんが、やはり体力が必要になりますね。大曲など弾きとおすことは大変な体力と持久力が必要になります。
当然、精神力も大事なことですが・・・。
演奏の途中で息が切れてしまったり、体力的に衰えてしまえば、尻つぼみ状態になって しまうし、疲れてしまえば集中力がなくなってしまって、ミスをしてしまう原因にもなってしまいます。
 
そんな訳で、私は暇を見つけては、ウオーキングや軽いジョギングを心掛けています。

何だか、演奏家とアスリートは似ている様な気がしますね。
「心技体」やはりピアノも同じことが当てはまります。

寒くなってきましたが、部屋で縮こまらないで、積極的に外へ出て身体を動かして体力作りをしていきたいものですね。

う~ん~「心技体」この言葉、奥深いかも。