思い出の演奏

すっかり秋めいてきました。運動会の季節ですね。週末に開かれる運動会で小学生の生徒たちは大騒ぎ。

徒競走やリレー、ダンスに組み立て体操。皆から聞く競技は懐かしいものばかりです。「先生!運動会見に来てくれるよね」なんて皆に誘われてしまいました(笑) 先生行けないんだけど orz…。皆さん、頑張ってくださいね、レッスンスタジオから応援してます!!

先日、実家の母から4枚のCDが送られてきました。それは、私がピアノを習い始めた時から録音し続けていた、『音の記録』。最初の頃はバイエルが一曲終了するごと、そして発表会での演奏に父が日付と私の年齢、曲目を吹き込んでくれていました(父の若々しい声w)。仕事が忙しい中、こんな素敵な『音の記録』を残してくれていた父には感謝です。

その中で、私にとって特に思い出深い演奏。以前このブログにも書いた「モーツアルト ロンドニ長調」

母の愛情は強し。ありがとう! ←こちらのブログで紹介しました。まだ読ん    でない方はコチラからどうぞ!

今聴いてもあの頃の私に励まされ、そして弾けるようにと支えてくれた母に感謝すると共に、指導してくれたM先生の偉大さを感じています。

私も生徒たちに何年経っても色あせない「ピアノでの素敵な思い出」を少しでも多く残してあげたいと思っています。

下にある モーツァルト ロンドニ長調 なっちゃん小学校2年生 思い出の演奏で当時の演奏が聴けます(動画はないですが…)。そんな小さな「なっちゃん」の演奏を聴いて楽しんでいただけたら幸いです。